資料の言葉は、そのまま話さなきゃダメ

プレゼンテーションに資料はつきものですね。

別に資料など無くても言いたいことが伝われば良いのですが、
スライドを投影しながら発表をするのが一般的になっています。

そこで、個別指導や研修で私がいつもダメ出しをすること
それは、資料に書いた言葉はそのまま話さなきゃダメということです。

なぜか自分が書いた言葉をちょっと変えて話す人が多いです。

例えば、この記事のタイトルである
「資料の言葉は、そのまま話さなきゃダメ」という言葉を
「スライドの上に書いてある事柄は、なるべくきちんと伝えるようにする」
といった具合に変えてしまいます。

これでは全くインパクトが出ません。
聴き手にとって二つの情報が与えられ、混乱のもとにもなります。
しかも、何のために資料に書いたのか意味も分かりません。

やはり資料に明記した以上、
そのままはっきりと伝えなければなりません。

ただし大事な注意点があります。
それはダラダラと長い文章を書いてはいけないということです。
それを読み上げてしまったら、それこそ朗読会になってしまいます。

だからこそ重要な言葉に絞り込むことが欠かせないのです。
絞ってそのまま話す!
必ず実践してください。