医学部教授選向けプレゼンテーション個人指導

医療業界での業務経験

弊社では、これまでに医学部の教授選対策として医師へのプレゼンテーション指導を50例以上行ってきています。受講者様とのお約束で大学名は挙げられませんが、北は北海道から南は九州まで、約8割が私立大学、約2割が公立大学となっています。また、大学内部での昇格が3割程度で外部からの一般公募というケースが多くなっております。診療科としては、整形外科、心臓血管外科、消化器外科等から病理、法医学まで多岐にわたっています。ちなみに看護学部、薬学部、歯学部の教授選にも対応実績があります。

指導にあたる私自身、15年間医療情報システムの仕事に従事していたため、大学病院や総合病院に日々訪問し、医師や看護師と数多くの打ち合わせを行った経験があります。もちろん医療従事者ではありませんので、研究や診療の専門知識は有していませんが、患者、病院、医療従事者の世界観は十分に理解しております。過去にプレゼン指導をご利用された先生方からは「自分のプレゼンに対してあえて医療従事者ではない第三者の客観的な意見を聞きたかった」という声もいただいております。

実際の指導内容

さすがに大学病院の准教授ともなりますと、学会や日々の授業の経験から人前で話すことに慣れている方がほとんどです。もちろんパワーポイントのスライド作りも十分なスキルをお持ちです。そこで、ご自身で作成されたスライドに対して改善のアドバイスを求められるケースがほとんどです。また、一度流して発表してみて時間がどのくらいになるかを試される方も多くなっています。

具体的なチェックポイント

  • 持ち時間の中で研究、診療、教育の分量バランスは適切か
  • 実績と抱負が具体的に述べられているか
  • 他の候補者との差別化ポイントが伝わっているか
  • 発表時間に対してスライドの枚数は多すぎていないか
  • 箇条書きや図解は見やすいものであるか
  • 話すスピードは適切か
  • 非単語や聞き取りづらい個人的な癖は無いか

以上の内容についてオンラインによるご対応がほとんどですが、東京日本橋にある弊社会議スペースにて対面で行うことも可能です。

スライド修正や原稿添削にも対応

研究、診療、教育と日々忙しくされている先生方ですからプレゼン本番までの時間を有効活用していただくために、オプションメニューとしてスライドの修正や原稿の添削サービスも承っています。スライド修正では中身の表現を変えることは致しませんが、フォントサイズや箇条書き、配色を調整することで見栄えを整えることや、図解を揃えることで見やすくなるように修正を行います。原稿添削では、時間内に収まるように文字数の調整をしたり、メリハリのある発表となるよう文章のつなぎ方、てにをは、語順等の調整を行ったりします。ただし、研究に関する内容は専門性が高いため、調整できる範囲は限定的となります。

受講料のご案内

1回の指導は2時間以内であり、オンライン、対面共に同額となっています。

  • 1回目 ¥29,700(税込)
  • 2回目 ¥19,800(税込)
  • 3回目 ¥16,500(税込)

詳しい指導内容についてオンラインでの無料面談も行っております。

ぜひご検討ください。

https://knowledge-presen.co.jp/private/

Follow me!